要注意!プラズマクラスターを24時間運転したときの電気代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空気清浄機

空気清浄機の中でも人気の高いプラズマクラスター。24時間つけっぱなしにすることも多いので、電気代は気になるところです。今回はそのプラズマクラスター空気清浄機の電気代について調べてみました。

該当機種          :シャープ KI-FX100プラズマクラスター空気清浄機
消費電力(加湿空気清浄) : 強 75W、中 30W、静音 6.3W
消費電力(空気清浄)   : 強 104W、中 28W、静音 5.3W
待機時消費電力:約0.6W

スポンサーリンク

なお、除湿機の電気代節約方法については、「【決定版】除湿機の電気代と「超お得な」節約術4選」も併せてご覧ください。

プラズマクラスターの24時間つけっぱなしの電気代

プラズマクラスターの消費電力は「加湿空気清浄モード」と「空気清浄モード」で少しだけ異なるです。それぞれ、24時間つけっぱなしにした場合の電気代を、1時間あたり、1日あたり、1ヶ月あたりで計算してみました。

プラズマクラスター

○ 加湿空気清浄モード

  1時間あたり

1日あたり

1ヶ月あたり
強運転 約1.9円 約47円 約1,399円
中運転 約0.8円 約19円 約560円
静音運転 約0.2円 約3.9円 約118円

※ 1時間あたりの電気代は東京電力「従量電灯」第二段階料金の25.91円を使用

○ 空気清浄モード

  1時間あたり

1日あたり

1ヶ月あたり
強運転 約2.7円 約65円 約1,940円
中運転 約0.7円 約17円 約522円
静音運転 約0.1円 約3.3円 約99円

※ 1時間あたりの電気代は東京電力「従量電灯」第二段階料金の25.91円を使用

プラズマクラスターを強運転で使うか、静音運転で使うかによって、かなり電気代の差が生まれます。静音運転だと、1ヶ月つけっぱなしにしても100円前後しか電気代がかかりません。そこで油断して強運転で使いっぱなしにし続けると、1ヶ月2000円近くも電気代がアップする可能性もあります!

基本的には静音運転や、中運転にしておき、空気が気になる時は強運転という使い方が、電気代を節約しつつ、賢くプラズマクラスターが使えそうです。

参考:使用していない時(待機中)の電気代

ちなみに、空気清浄機を使っていないとき(待機中)の電気代はどのぐらいなのでしょう?待機時の消費電力は0.6Wですので、24時間の電気料金は約0.4円、1ヶ月で約11円です。あまり、待機電力は気にしないで良さそうですね。

 

まとめ

  • プラズマクラスターを静音運転で使い続けるなら、24時間つけっぱなしでも月額100円程度。ただし、強運転で使い続けると2000円近く電気代がかかる可能性も!(中運転の電気代は550円程度)
  • 待機中の電気代は、24時間で約0.4円。1ヶ月で約11円

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加